トレード学習器

システムトレードと裁量トレードの二刀流で億トレーダーを目指します!!

米議員が打たれたニュースの影響

今日も朝早めに起きて、FOMC前にどこかトレードチャンスないかなとチャートを見ていたのですが、いきない何十pipsも動いてびっくりしました。米バージニア州で議員が打たれたのが原因みたいですね。指標後みたいな感じになっていて、とてもエントリーできる状態ではありませんでした。

システムトレードの方は、ランダムフォレストで作成してある従来版は逆張りで入り、ディープラーニング版はドル安方向に入り、EURUSDもUSDJPYも両建てのカオス状態でした。手動で止めようかと思ったのですが、とりあえず両建てで痛い目みていないのと、ネットワーク環境が悪すぎて作業しづらいので見守ることにしました。

最終的にはディープラーニング版の順張りポジションに救われたわけですが、これはディープラーニングがすごいと言うよりは、ただのシステム戦略の結果だと思います。ランダムフォレストで作成してある従来版は、短期戦略なのでどうしても逆張りでエントリーする傾向があります。ディープラーニング版は、従来版よりやや眺めの時間軸を意識した戦略なので、順張りポジションを持つことがたまにあります。その代わり、ブレイクのダマシでがっつりやられることも多々ありますが

ニュースはブルームバーグ(https://www.bloomberg.com/live)でリアルタイムで視聴していたのですが、何言っているかさっぱりわかりませんでした・・・ 今後もこういう時はちゃんとニュースを聞き取れるようになりたいし、今回の旅行でも言葉で結構困っているので、英語をちゃんと勉強しようかなと思う今日この頃です。

-トレードの日々