トレード学習器

システムトレードと裁量トレードの二刀流で億トレーダーを目指します!!

トレード収支 月刊レポート 2016年4月

2016年4月の成績です。

FX裁量

停止中。

3月後半ぐらいから裁量はしていません。メイン時間軸を30分足から4時間足にして、swing気味の手法を検証していますが、形になっていません。

FXシステムトレード

項目 結果
Pips +61.5pips
DD -90.3pips
Profit +33,763円
資金変化量 +2.23%
トレード回数 146回
取引量 730枚
勝率 65.75%

ぱっとしない成績ですが、2ヶ月連続マイナスの悪夢からようやく脱出できました。途中までは割と好調だったのですが、最終日にドカンが来て一気に持って行かれました。結果、微益となった月でした。

今月から、結果の項目に資金変化量を追加しました。資金の変化量は、資金が少ないうちは気にしても仕方がないと思っていたのですが、最近は考えが改まってきて意識するようにしました。今月は+2.23%、単純計算だと年間+25%ぐらいです。いまいちな結果と思っていましたが、資金変化量の観点からだとまずまずの結果です。

資金の変化量を維持しようとすると、資金の増減に対してlotを調整する必要があります。毎月勝ち越せるような安定したパフォーマンスを出せるシステムならlotの調整はやりやすそうでが、残念ながら私のシステムはマイナスの月はあるは、ドカンは大きいはでとても安定している状態とは言えません。lotは当分固定のままにしようと考えています。

上記の項目にはありませんが、気になる数値として通貨ペアごとの取引回数があります。現在はEURUSDとUSDJPYのシステムを1つずつ動かしているのですが、全トレード回数146回のうち、USDJPYが100回、EURUSDが46回でした。pipsの内訳はUSDJPYが+2.5pips、EURUSDが+59.0pipsです。USDJPYがEURUSDの倍近くエントリーしているのに利益はほぼ0という状態です。今月だけの現象かもしれませんが、少し気になります。

-トレード収支(2016年)