トレード学習器

システムトレードと裁量トレードの二刀流で億トレーダーを目指します!!

キンドルアンリミテッドとパンローリング

アマゾンジャパンが今月から和書と洋書が読み放題の「キンドルアンリミテッド」というサービスを始めたそうです。月額980円とのこと。

漫画はほとんど読めない

評判を見ると、漫画や小説は対象作品が限られてる上に、シリーズものは最初の数冊だけが対象だそうです。読むのが漫画、小説だけなら利用価値のないサービスですが、洋書が多く英語学習者などには適しているサービスだそうです。

パンローリングは割と読める

このサービスですが、英語学習者だけでなく、投資家、トレーダーにとっても有用なサービスだと思います。なぜならパンローリングの本も多くが対象だからです。割と最近の「システマティックトレード」なども対象でした。年間12,000円なので、高価なのが多いパンローリングの本なら2,3冊読めば元がとれる計算になりそうです。

私の場合、パンローリングの本は買っても途中で読まなくなるパターンが多いので、コストパフォーマンスは良くなりそうです。手元にまだ読み終わってないパンローリングの本が数冊あるので、今すぐサービス契約することはないですが、読み終わったり読みたい新作が出た場合、検討したいと思います。

欠点

ただ一つ問題があります。保存できる本は10冊までとのことです。11冊目を読みたかったら保存した本を削除しないといけないそうです。これはパンローリングのような勉強系の本とは相性が悪いです。

キンドルには、マーカーを引いてその部分だけ抽出する機能があります。これが便利で、後で読み返したりする場合に重宝するのですが、キンドルアンリミテッドでは意味をなさないでしょう。ローカルから本を削除したら、例え後で読みたくなって再ダウンロードしてもマーカーは残っていないと思います。

投資の本は図やチャートが多く、紙ベースの方が読みやすいことも微妙です。

まとめ

まとめるとこんな感じでしょうか。

キンドルアンリミテッドをパンローリング目的で使う場合

  • メリット
    • コスパがいい
      自分には難解そうな本でも、とりあえず読んでみることができる
    • 重い本を持ち歩かなくてすむ
  • デメリット
    • 良書を何度も読み返すケースに適さない
    • 紙の方が読みやすい
    • サービスが終了したら、結局買う羽目になる

-トレードの日々