私の目標

裁量で絶対に勝てるようになってやる!

私はFXトレードというもの出会ってからもう7年ぐらいたちますが、未だに裁量トレードでは勝てるようになっていません。毎回エントリーしては、当然のようにマイナス決済を積み上げています。

システムトレードはプラスだし、裁量の枚数は微々たるものなのであまり気にしてはいなかったのですが、このままではいけないと最近思うようになりました。というわけで、

絶対に裁量トレードで勝てるように、なってやる!

決意表明です。

この決意表明、もう人生で何回目か、わからないです。これまでも何度か裁量で勝てるようになろうと決心しては、トライして玉砕していたのですが、今度ばかりはこれまでとは違います!!

本気の本気です!!!

動機

  • 動機1 仕事を辞めて後がなくなった
  • 動機2 これまでの自分の努力が圧倒的に足りなかったと自覚した

動機1 仕事を辞めて後がなくなった

私が仕事を辞めた最大の理由は、時間を作りトレードにがっつりと打ち込むためです。それゆえ是が非でも結果を残す必要があります。

正直、システムトレードや技術の勉強だけでも時間的にはかなり手一杯なのですが、この辺の優先度を下げて裁量トレードに注力していくつもりです。

会社に行かなくて済んでいる今だからこそできるのは、日中のチャート監視です。システムトレードや技術の勉強は夜や土日でもできますが、リアルタイムでチャートを見て裁量に取り組むことは今しかできません。この好機をみすみす逃したくはありません。

実際にやってみて感じることは、ニューヨーク時間がメインといえ、東京時間やロンドン時間のチャートを見れることは非常に大きいことです。じっくりとトレードプランを練り、東京時間やロンドン時間の値動き次第でトレードプランを練り直す、この一連の動きをリアルタイムのチャートで体感できることは非常に大きいです。

今はFXしかやっていませんが、日経平均先物や株にも手を出したいと思っています。午前中からチャートを見ることができるせっかくの環境なので。

動機2 これまでの自分の努力が圧倒的に足りなかったと自覚した

つい先日、仮想通貨のシグナル配信をするkaxmaxさんのオンラインサロンが、3万円/月で4000人以上集まり史上最大規模のオンラインサロンが誕生したと話題になりました。そのオンラインサロンの説明で、kazmaxさんはこのように言われています。

1日20時間×5年(=20×365×5=36500時間)の歳月をかけてチャートを分析、かつ実際のトレードを実践し続けることで身についた

『チャートリーディングのスキル』
『300を超えるトレードセオリー』
『資金管理とリスク管理の考え方』
『メンタルコントロールの考え方』

私はこれまで自分は裁量はそれなりに力を注いでいたと思っていました。1000回近くに及ぶトレードを行い、トレード日誌もほとんどつけていました。投資本は結構読んでるし、裁量に関する情報商材も3つほど買って熟読しました。とくにビクトリーメソッドアドバンスのビデオは繰り返し見て勉強しました。

それでも結果は出せずに半ばあきらかけていたときに、kazmaxさんを知り、上記の文言を見て衝撃を受けました。これに比べると、自分のしていたことは努力と呼べるものではなかったことに気がつきました。

すごい結果を出している人は、才能があるのは確かですが、それ以上に常人を遙かに超えた努力をしているんですよね。

さすがに1日20時間は無理ですが、少しでもこれに近づけるように全力を注いでいきます。

まずはチャートを好きになるところからですね。好きになるという行為は、意識してすることではないとわかっています。正直、好きかどうか自分でもよくわかりません。でもチャートを見続けて、少しずつでも分析の精度が上がっていたら、チャートを見るの楽しくなると思うんですよね。そうなってチャートを見たくてしょうがない、努力とは思わなくなる、という状態になれれば最高です。

とりあえずやり始めたこと

トレードプランを立てるようになった

今まで各トレードの日誌はつけていて、エントリー理由等は記載していたのですが、これとは別にトレードプランを毎日立てるようにしました。1日の始めに、週足、日足、4時間足レベルで、その日のトレードプランを立てて、トレード日誌に記載しています。

今のチャート状況はどうなのか、今日一日で想定される値動き、注目されているファンダメンタル、指標の予定などをトレードプランに記載しています。東京時間やロンドン時間の値動きによっては、このトレードプランに修正をいれています。

このトレードプランを立てるようになっただけで、だいぶチャートの見方が変わりました。

もっと早くやっていればよかったと思いますが、兼業だと日中は会社にいくので1日のトレードプランも何もないんですよね。

ビクトリーメソッドアドバンスのビデオを見るのをやめた

これまで、ビクトリーメソッドアドバンスのビデオと同じことをできるようになろうと、ずっとがんばってきました。

でも無理だと悟りました。このビデオは、勝率95%ぐらいでペイオフレシオも3:1ぐらいありそうな、とんでもない手法なのですが、私にはどうやっても再現できませんでした。同じことをやろうとすると高値づかみになり、利小損大、その上勝率も低いという踏んだり蹴ったりの状態です。

1日のトレードプランを立てるようになり、自ずと視点もデイトレード~スイングトレード気味になってきたので、このビデオを見続けてもノイズにしかならないと判断して、見るのをやめます。

チャートのキャプチャをたくさんとるようになった

今までは見ていた時間軸は、5分足、30分足、4時間足、日足の4つでした。エントリーや手仕舞い時のチャートキャプチャはとっていましたが、この4つの時間軸を1画面で4分割したものを1枚のキャプチャでとっていただけです。

この画像1枚だけだと、後でトレードを振り返るときに対して参考にならないんですよね。トレードの判断は4分割にされた小さいチャートだけで判断しているわけではないので。

なのでチャートのキャプチャは、1つの時間軸ごとに1ファイルで残すようにしました。見る時間軸も、この4種類だけでなく、15分、1時間、週足もみるようになり、トレードの判断に使用した時間軸のキャプチャは全て撮るようにしました。なので、1トレードにつき何枚ものキャプチャーファイルが生成されるようになりました。

マルチモニターを6画面にする

今までモニターは3枚でした。プログラミングとかすると3画面占有してチャートは表示できなくなります。それでも特に不自由はなかったのですが、今後はチャートを見続けたいし、チャートを表示する銘柄や金融商品も増やすので3画面じゃ全然たりないです。

なので、モニター3枚を追加して6画面環境にします。同時にモニターアームとグラフィックボードも追加購入したので、今回の設備投資には全部で10万以上かかりました。

モニターは24インチ6枚になのですが、24インチ6枚に対応したモニターアームがほとんどなかったので、サンワサプライのCR-HGシリーズで各パーツを購入してモニター設置環境をつくることにしました。

グラフィックボードは、 ELSA の Geforce GT730 1GB QD を購入しました。これはHDMI同時4画面出力に対応したグラフィクボードです。

モニターは BenQ の GW2470HL を3枚購入しました。ベゼルはスリムで、つやなしブラックでいい感じです。対照的に、今まで使用していたモニターのベゼルのつや太さが気になるようになりました。もう4,5年使っているので、これを機にこれらも買い換えようかと思っています。

まとめ

以上、今後は本気で裁量に取り組んでいくという話でした。

今はまだ裁量で勝てるようになっていませんが、近い将来「私はこうやって裁量で勝てるようになった」みたいな記事が書けるようになりたいです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。