技術

開発モチベーションを維持するために [チケット管理編]

開発モチベーションを上げて維持していくために、スクラム開発を取り入れました。といってもメンバーは自分だけ、一人スクラムです。

スクラム開発には、いわゆるチケット管理ツールが必要になります。JIRAを使うことにしました。$10/年の有料ツールです。

これまでは、無料のRedmineを使っていました。といってもスクラム開発していたわけではありません。ストーリーはなく、スプリントも設定していませんでした。用途はチケットによるただのタスク管理です。というか、ほとんどまともに使っていませんでした。

今回スクラム開発を始めるにあたり、かんばんPluginをいれたのですが、バージョン依存やらなんやらで壊れてしまいました。復旧がめんどくさそうなので、前から気になっていたJIRAに切り替えました。JIRAはRedimineより、UIがいいので使用していて楽しいです。でも重いです。Redmineはサクサクでしたが、JIRAはもっさり。

Ubuntu16.04LTS、2CPU、8GBメモリのVMゲストを立てて、その中のDockerで動かしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。