トレード環境

システムトレーダーに新型MacBook Pro 2018はありか?

MacBook Pro の2018年モデルが発表になりました。

既に各所で言われているとおり、なかなかの改悪っぷりです(笑)

現在使用中のサブPCのスペックが低くなってきておりそろそろ買い換えたい今日この頃だったりします。会社を辞めることにともない、今後はサブPCでもある程度の開発はできるようにしておきたいと思っていまして、実は MacBook Pro の購入を検討していました。

しかし、昨日の発表をみて新型は購入する気が起きず、今更、旧モデルを買うのもどうかと思うので、今回は見送りになりそうです。

今回のモデルはどこがだめなの?

それは

Touch Bar のごり押し

この一言に尽きます。

というのも今回から、 Touch Bar 非搭載モデルが消え、全てのモデルに Touch Bar が強制で搭載されることになりました。しかし、この Touch Bar、無用の長物でしかありません。

私は前職で Touch Bar 搭載モデルの Mac Book Pro を使っていたのですが、その時にわかったことは、Touch Bar 搭載モデルは

  • 高い
  • バッテリーの持ちが悪い
  • 邪魔(いらない)

三重苦です。

Touch Bar は指紋認証でしか使った記憶がないです。それほど不要なものなのに、こいつのでせいで高価になってバッテリーが悪くなるというおまけ付きです。プライベートでは、 Touch Bar 搭載モデルは絶対に買わないと決めていました。

そもそもトレーダーには、Mac なんて無縁でしょ?

私はずっとこう思っていましたし、基本的には今でもそうだと思っています。トレードソフトが動かないリスクがあるし、4枚以上のマルチモニターにも対応したいので、メイン環境はやはり Windows であることは譲れないでしょう。

しかし、最近のトレードソフトは Mac でも動くことが多いので、サブPCとしてはありかなと思っていました。というのも、Mac には Windows にない下記の優れた特性があります。

  • linux との親和性が高い
  • スタバでドヤれる

この利点はシステムトレードをする場合はかなり大きかったりします。システムトレードソフトを使わない場合、構築したシステムはlinuxサーバーで動かすことになるので、開発環境としては Windows より優れています。

それだけに今回の新モデルは残念です。Touch Barなしモデルのスペックを上げるだけのマイナーチェンジで良かったのに。。。何故それをやらない。

まとめ

Q. システムトレーダーのサブPCとしてはありか?

ラーナー
ラーナー
A. なし

サブPCに求められる、電池持ちと言う項目が考慮されていません。
ThinkPad か、 Mac Book Pro 旧モデル Touch Bar 非搭載 を買いましょう。

Q. じゃあメインPCとしてならありか?

ラーナー
ラーナー
A. 微妙

主な用途は開発作業だけどデスクトップPCはやだ、システムトレードは趣味程度で裁量トレードはほとんどしない、そしてMac大好きというなら、いいと思います。

最後に、今回の2018年モデルを、Windows と比較した場合の良い点と悪い点をリストアップしてみました。

  • フォントがきれい
  • 画面がきれい
  • デザインがいい
  • linuxとの親和性が高い
  • スタバでドヤァ
  • 高い(最低でも20万円~、70万オーバーという意味不明なカスタムモデルもある)
  • キーボードが使いづらい
  • トラックパッドが大きすぎて使いづらい
  • Macはハードが割とすぐ壊れる印象
  • 電池の持ちが悪い
  • バッテリーが交換できない (交換したい場合は専門業者への依頼になる)
  • 端子がUSB-Cしかないので、いろいろ追加で購入する必要がある
  • タッチスクリーンがない
  • トレードソフトが未対応の場合がある
  • メイン環境がWindowsの場合、親和性が低い(リモートデスクトップなどが使いづらい)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。