トレード全般

苦手通貨ペア

これまでの裁量トレード(指標トレード除く)の結果を通貨別に集計してみました。

通貨ペア トレード回数   pips 
eurusd              71 +197.0
usdjpy              82 +140.2
eurjpy              32   +98.7
gbpjpy              34 -308.1
gbpusd              48   -68.7
audjpy              12   -13.5
audusd              15   -11.5

集計する前から感づいていました。自分がgbpjpyとgbpusdが苦手だということは。しかし予想以上に酷かったです・・・

なぜこんなにもgbp関連の成績がひどいのか。ボラが大きいというのもありそうですが、それ以上に変動が早すぎてそれに対応できる能力が自分にない気がします。レートの変化が急すぎて利確や損切りが遅れて、他の通貨よりパフォーマンスが落ちている気がします。大きく負けるため、冷静さを欠如して無駄なポジションを持つことも、他の通貨に比べて多い気がします。

これまで通貨やボラに関係なく枚数は一律でやってきました。通貨ペアや相場状況に関係なく、期待値がプラスになるトレードをできるようになるのを目標としているからです。どんな相場状況でも、同じような条件のトレードを複数回やってトータルで勝つことができるなら、枚数の調整は不要と思っています。VMAのトレードビデオは枚数一律です。トレードサンプルというのもあるのでしょうが、通貨ペアやボラ関係なく安定して勝てるのでそれで問題ないのでしょう。

最終的には枚数固定にしたいと思っていますが、今の実力では資金が減るだけですので対策が必要なようです。gbpjpyを1/3、gbpusdを2/3に抑えようと思います。

本当はgbp関連のトレードをやめてしまうのが正解なのでしょう。でもgbpで勝てるようになれば、トレードチャンスが増えますし、全体が低ボラの状況でもpipsが獲れます。VMAのトレードビデオでも、gbpusdとgbpjpyは頻繁に扱っています。もう少し粘ってみようかと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。