専業と兼業

兼業トレーダーが平日に有休を取った結果

兼業トレーダーが取る平日の有休は土日の休みより重みがあります。普段見れない時間帯にトレードに取り組むことができ、トレーダーの経験値をアップすることができます。たった1日ではありますが、仮想専業の1日を試みることもできます。兼業トレーダーは平日の休みを有意義に過ごさねばならない使命があります。

私にとって今日はその使命の日でした。昼に私用があっため、本業の有休を取りました。その用事も17時には終わり、それ以降は家にいて、見たい時間に好きなだけチャートを見れる環境でした。

ロンドン時間にじっくり腰を据えてトレードできると思っていました。が、チャートを見ると窓が開きぎていてどう判断していいのかよくわからない・・・ 結局どうしていいのかわからずそのまま夜になり、それはNY時間も同じで何もしないまま日が変わってしまいました。

終わってみれば、ほとんどの通貨は窓を埋めただけという感じなので、人によっては簡単な日だったのでしょうか? 私にはかなり難しい1日でした。

正直、兼業の身で1日フルに使っても成果を出せなかったのは痛いです。しかし、まあ休むも相場ということで切り替えていきたいと思います。ファンダメンタルズも今週はギリシャや雇用統計が控えていたりで波乱があると言われていたりしますが・・・

POSTED COMMENT

  1. fxjol より:

    こんばんは

    すごいやる気ですね。トレーダーは参照する足によりますが労働時間が長いからといって儲かる訳ではないと思いますので難しいところですね。

    わからないときにノートレードで終わることができるのは素晴らしいことだと思います。ある意味才能だとさえ思います。7月もがんばりましょう。

    • admin より:

      fxjolさん
      こんばんは。

      やる気だけはかなりあります!
      稼げるようになる気はもっとあります(笑)

      2015年も残り半分、がんばりましょう!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。