トレード損益(2015年)

トレード収支週刊レポート

先週の収支

  • FX裁量
    12勝7敗 -19.4pips -12.011円

勝てなさすぎて頭がおかしくなりそうです。先月までのようなボラがない相場で負け、今週のようならボラのある相場でも負ける。何やってもどんな相場でも負け超す。

負けが込んで焦りから分が悪いと思ってもエントリーしてしまう悪循環状態です。

叫びたいです。

POSTED COMMENT

  1. fxjol より:

    こんにちは

    苦労されているようですね。私も儲かっておりません!
    これは私の場合にもあてはまるのですが、目指すべきトレードは
    勝率○%でRisk/Reward Ratio(平均利益÷平均損益)という目安はありますか?

    6月の成績からは勝率重視のようですが、平均損失に対して最大損失が大きいときがないですか?

    目指すべきトレードは勝率○%でRisk/Reward Ratioはいくつというビジョンは必要です。最低プラスになるなら、成績を収束させ、かつ向上するように努力する。プラスにならない(例:50%,Risk/Reward Ratio=0.9)状態なら手法を変更する。裁量トレードって曖昧ですが、統計は必ずでてくるので改善できる部分はあるはず…。私もなかなか上手くいってませんが。

    • admin より:

      fxjolさん
      こんにちは。いつもアドバイスありがとうございます。

      目標は一応設定しておりまして、勝率60%のリスクリワード比1:1を目指しています。勝率をもっと下げてリスクリワード比を上げるのが王道だと思うのですが、利を伸ばすのが下手なのでこの設定にしてあります。

      ただ実際はリスクリワード比が1以下になってしまいます。負けている時も勝っている時も勝率は60%ぐらいに収束しますが、ご推察の通り、平均損失に対し最大損失が大きいときがあります。負けトレードでストップぎりぎりまで耐えるケースが多いので、これを改善する必要があるのですが・・・ 難航しております。

  2. fxjol より:

    勝率や利幅はあまり固執しなくてもいいのではないでしょうか?

    私は参考にされている商材は持っていないのでなんともいえませんが、ストップが広くて、ストップがつくと損失額が大きいのは私もです。かといって対策の選択肢のひとつであるチャートから状況判断して同値撤退とかストップを待たない損切りは正直難しいことだと思います。ストップの位置はチャートを見て「ここまでは下がらないだろう」「ここを割ったら損切りも仕方ない」というところに私ならおきたいです。そこまで逆算してストップが広いならまだエントリーすべきではないということではないでしょうか?そう意識すると私の場合多少マシになりました。

    またこれは向き不向きですが、チャートの横軸(時間軸)になにか基準を持つのもいいかもしれません。ポジション保有時間は長くないようなのでfibotimezoneなどで決めた区間で決済するとダラダラとストップにいくようなケースは回避でき、いい結果になるかもしれません(もちろんダラダラとリミットに到達する可能性は少なくなります)。

    • admin より:

      「ストップを待たない損切りは難しい」
      確かにそうですね。言われてみて初めて気づきました。

      「損失は基本的にエントリー時に想定した最大値になる」ということを前提に、エントリーを考えてみることにします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。