トレード損益(2016年)

トレード収支 週次レポート

先週の収支

種類 結果 損益(pips) 損益(円)
FX裁量 5勝2敗 +0.9pips -826円
FXシステムトレード 9勝12敗 -50.2pips -51,722円

FX裁量

7トレードありました。久しぶりに裁量をがっつりやった気がします。

成績はトントンです。pipsはかろうじてプラスでしたが収益はマイナスでした。7トレードとも一律2枚でやっていたんですがそれでもマイナスです。今週からDUKSCOPYでやるようになったので手数料の影響です。手数料負け、スプレッド負けというやつですね。

今週は自分にとってかなり転機となる週だったと思います。

月曜日にいきなり2連敗して-42pipsのスタートでした。この時点で全く勝てるイメージがもてませんでした。また裁量を中止しようと考えながら、調子がよかった8月のトレード日誌を振り返ったんです。そしたら月曜日の2敗のトレードは8月の時とトレード手法がまったく違っていました。気づかないうちに、いつのまにか8月以前の昔の裁量の手法でトレードしていました。トレードルールを練り直し、8月時のトレードルールを明文化してトレード再開しました。その後は5勝0敗でした。大勝がなくプラ転するまではいかなかったのですが、なんとか持ち直せてよかったです。

2014年11月から623回の裁量トレードの日誌を記録してきましたが、初めて役立った気がします。

FXシステムトレード

システムの内訳は以下のような感じでした。

種類 結果 損益(pips) 損益(円)
EURUSD 3勝5敗 -15.4pips -11,635円
EURUSD(DL) 3勝1敗 +12.2pips +10,263円
USDJPY 3勝6敗 -47.0pips -50,350円

大赤字です。9月に続き、10月も最後の週でやられてしまいました。

1週間通していまいちでしたが、特に25日のNY時間にがっつり負けました。何があったか覚えていませんが・・・

金曜日はUSDJPYが105円を超え、GDPの発表次第では円安がさらに加速するかもということでしたので、枚数を半分にして様子を見ていました。そしたらGDPは何ともなかったのですが、その後の米大統領戦のニュースによる下落。この時-25pipsぐらいで枚数を下げといてよかったと思いました。その後戻しもそれなりにあり、最終的にはプラスで終わったのですが・・・ 枚数抑えたのは裏目に出ることが多いですが、リスクを避けるためにも今後も続けていきます。

これだけ不調の状況ですが、EURUSD(DL)だけはプラスでした。優秀ですね。EURUSDの従来版は比率をもっと下げても良さそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。