トレード全般

トレード手法は何でもいい

先日、下記のようなツイートをしました。

情報商材でトレードの手法そのものが高額で売られていますが、手法そのものには、ほとんど価値がないんですよね。

私はこのことに気がつくのに、随分と時間がかかりました。その証拠として、情報商材もいくつか買いあさりました。今でも時々、商材が欲しくなったりします(笑)

商材が欲しい衝動にかられたら、この記事の内容を思い返して見てください。抑止力として役立つはずです。

聖杯なんてものは存在しない

昔も今もトレード手法が情報商材として販売されています。最近はnoteやオンラインサロンでも販売されるようになり、徐々に販売形態が変わってきました。しかし販売形態がどうあれ、トレード手法を購入するときに大前提として知っておかなければいけないことがあります。

それは、トレードに聖杯なんてものは存在しないということです。

誰がやっても同じように再現できて、それが未来永劫、利益を出し続けるという、いわゆる聖杯はトレードには存在しません。

再現性を突き詰めたら、ただの自動売買になりますが、それでは未来も利益を出し続けることはできません。利益を出せることにフォーカスしたら、それは再現性がなくなり、その人にしか実現できない手法となります。それらは聖杯と呼べる代物ではありません。

手法を売っている人は確かにその手法で稼げているのでしょう。しかし、他の人にテキストやチャートのキャプチャ画像で説明したところで、それは他の誰にも再現できません。

なぜ商材が欲しくなるのか

評価が高い商材、知名度は低いけど自分には良さがわかると感じた商材、こういうのを見つけると欲しくなりますよね。ポチりたくなりますよね。

よくわかります。私も数々の商材を購入してきました。裁量系だけに限っても、以下の商材を購入してきました。

  • パリスの昼豚の5万円FX
  • ビクトリーメソッドアドバンス (VMA)
  • マエストロFX

正確な金額は覚えていませんが、これだけで10万円以上つぎ込んだ気がします。ちなみにどれも勝てるようになりませんでした(涙)

なぜこんなにも商材を購入してきたのか、どうしてすぐに欲しくなってしまうのか。それは、やはり、トレードで勝てていなくて勝てる方法を探してしまっていたからです。勝てないから新たな手法を次々と追い求めてしまいます。根本原因は、自分の中で確固たる手法が確立していないことにありました。

手法は何でもいい

商材を購入してもそれを身につけるためには、自ら勉強して、トレードを経験し、結果を分析し、それを何回も繰り返す必要があります。年単位の長い時間が必要になります。その努力を怠れば勝てないままなので、新たな方法を追い求めて別の商材を探して買うということに走ってしまいます。

トレードで勝てるようになるには手法は何でもいいのです。それこそ、MAの3本だけ使った基本トレードでもいいですし、インディケーターは全く使わずにラインを引くだけの手法でも十分です。

重要なのは手法でなく、その手法を活かせるようになることです。努力が全てです。

それはわかっているけど、この手法は自分に合わない。
努力する気はあるけど、方向性が悪い。
他の手法なら身につけられる自信がある。

と思った方、私もずっとそう考えていました。でも、他の手法を試しても同じことでした。完全に自分にマッチした手法なんてものは存在しません。いかなる手法であれ、それを身につける努力を継続すれば、その課程で自分に合うように手法が最適化されていきます。

他人から教えてもらう手法は、きっかけに過ぎません。トレードはじめて手法が全然ないよという人は、一定評価のある商材を買ってもいいですし、今ならオンラインサロンとかもありだと思います。一般書籍でも十分だったりします。

やることが決まったら、後はそれをひたすらモノにする努力をしていきましょう!!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。