トレード全般

今風チャートソフトのTradingViewが便利すぎる件

最近 TradingView を使い始め、便利すぎたので Proプラス プランに課金しました。

私は別段、特殊なチャートの使い方はしていないので、証券会社のツールで十分と今まで思っておりました。でも TradingView の存在を知った今、もう元には戻れないです。

というわけで、TradingView の簡単な紹介と、どこが良いのかを書きたいと思います。

TradingView とは?

ざっくりと言うと、多機能で今風のチャートソフトです。正確には、チャートを提供するクラウドサービスです。ブラウザでログインすれば、自分用にカスタマイズしたチャートを表示できます。

私はチャート機能しか使ったことがありませんが、チャート以外にも他のユーザにトレードアイデアを共有したりするコミュニティ機能や、MT4のようにストラテジーを作ってバックテストする機能もあります。

どんな人にオススメ?

  • 裁量トレーダー、特に移動することが多い人
    ネット環境さえあれば、デバイス問わずどこでも同じチャートが表示できるので、テクニカル分析を主体とする裁量トレーダー全員にオススメです。特に兼業だったり移動することが多い人にとっては、非常に役立つツールです。

  • FXの他、株や先物など、いろいろな銘柄をトレードする人
    証券会社のツールの株や先物のチャートって、FXのツールと比べると使いづらいことが多いです。でも TradingView は、FX以外にも株や先物など様々な銘柄に対応しているので、トレード対象はいろいろだよという人にオススメです。TradingView 一つで全てをカバーできるので。

なんで使い始めたの?

私が TradingView を使い始めたのは、仮想通貨(BTCFX)をトレードするようになったからです。仮想通貨は、取引所が提供するチャートソフトなんてものはなく、取引所にログインしてブラウザでチャートを見ることしかできません。

そのチャートも、TradingView を埋め込んでいるだけなので、使いづらくてしかたがありません。なので、 TradingView に直接アクセスして、BTCUSD や BTCJPY を見るようになったのがきっかけです。

どこがいいの?

やっぱりクラウドは便利

やっぱりクラウドは便利です。ネット環境さえあれば、デバイス問わずどこでも同じチャートが表示できるというのは、実際に体験するとすごい便利です。

私は自宅PCの他、ノートPC、タブレットやスマフォでアクセスすることがあります。ノートPC使用時はチャートの設定がめんどくさかったので、毎回自宅PCにリモートデスクトップでログインしていました。TradingView なら、ブラウザでログインすればいいだけなのでい、その必要は無くなりました。

画面上にある全チャートの銘柄変更が一括でできる

やはり後発のサービスということもあり、UIが洗練されていて操作しやすいです。

中でも私が気に入っているのは、表示中のチャートの銘柄を一括で変更できることです。(チャート画面数を選ぶアイコンをクリックして、同期対象にシンボルを入れればできます。)

例えば、1タブに USDJPY の5分足、1時間足、4時間足、日足の4枚のチャートを表示している時に、銘柄を EURUSD に変更すると、4枚一気に EURUSD のチャートにすることができます。

証券会社のツールで、これができるのってあんまりない気がします。IB証券の TWS はできますが、他にこの機能があるツールは知らないです。

時間軸と銘柄変更がキーボードでできる

これもかなり便利です。チャートの銘柄や時間軸を変更したい場合、マウスでポチポチしなくてもいいんです。キーボードだけでできるんです。

銘柄変更は、銘柄名を入力してエンターで変わります。サジェストもしてくれるので、正式名称を覚えていなくても大丈夫です。

時間軸の変更は数値を入れるだけ変わります。

画像の保存が簡単

この機能もかなりいいです。カメラアイコンを押すだけで、チャートをキャプチャしてくれて、そのチャートを表示できるURLが出力されます。TradingView自体が、Gyazoの機能を持っている感じです。

例えば、下記のようなキャプチャを表示できるURLが生成されます。
https://www.tradingview.com/x/6VVMOz9d/

今までエントリーする度にスクリーンキャプチャを取得してローカルに保存していましたが、そんな面倒な作業は不要になりました。

いまいちな所は?

TradingView をベタ褒めしてきましたが、いまいちな所もあります。

課金しないと、使い物にならない

一番のネックは、やはり高額という点です。

私は前から TradingView は知っていましたが、全く使う気になりませんでした。その最大の理由が、広告がうざかったからです。

TradingViewは一応、無料プランがありますが、はっきり言って無料プランは使い物になりません。無料プランはチャート上に広告が表示がされ続ける上、チャートの分割表示はできません。なんと無料プランでは、日足と1時間足を同じタブで表示して見たりすることができないんです。

一つ上の Proプラン でも、同一タブでのチャート表示は2個までなので、このプランも個人的には使えないです。なので、私は Proプラス に課金しました。月$20ぐらいします。

プランごとの機能比較は、こちらになります。

リプレイ機能はすごいけど、もう少し頑張って欲しい

TradingView には、ある時点のチャートを表示して検証できるという、すごい機能があります。でも、この機能は、ForexTester のように、デモトレードができるわけではありません。

また戻る時点も、日時を入力することはできなくて、チャート上でクリック指定する必要があります。直近ならいいですが、昔のチャートを表示するには不便です。

さらに過去チャートが表示できるのは、チャート1枚だけです。同時に4枚表示していた場合、1枚だけ過去チャートが表示され、残りの3枚は現在のチャートが表示されたままです。

1つの時間軸だけエントリーや手仕舞いの判断をすることはないので、このリピート機能は、まだ使い物にはならないです。


以上、TradingView についてでした。

TradingView は本当に便利で、今後、証券会社を選ぶときに TradingView に対応しているか否かで決めるということがあっても過言ではありません。

TradingView は有料で多機能なツールですけど、これを使えば勝てるようになるわけではありません。トレード環境は良くなるけど、トレードの技量があがるのは本人の努力次第です。

私も早く勝ち組になれるように、TradingView とともに頑張っていきます!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。